ユネスコ世界ジオパークに登録されているアポイ岳に行ってみよう | ぐーたら主婦のアウトドア日記

ユネスコ世界ジオパークに登録されているアポイ岳に行ってみよう

北海道様似町にあるアポイ岳は標高810.5mで、登山よりハイキングコースとしても挑戦しやすいです。

アポイ岳の高山植物は国の当別天然記念物に指定されています。山自体もカンラン岩でできています。

カンラン岩は、地球の近くの上にあるマントルの上層を構成しているもので、地殻が突然隆起したときにあらわれる岩です。

標高は低いのですが、とても珍しい自然形態が広がっています。

お子様の夏休みの自然観察にぴったりです。

ただ登りに行くだけだと見逃してしまうことも多いと思います。

そんなときはアポイ岳ジオパークガイドサービスに事前に申し込みをしていると便利です。

夏の登山時期や観光時期は混雑するので、余裕を持って予約が必要です。

最低でも2日前までに申し込みを済ませましょう。近くにはバンガローが7棟あるファミリーキャンプ場もあります。

アポイ山荘という宿泊施設も近くにあるので日帰り温泉も楽しめます。

国道336号線には親子岩があり、海水浴を親子で楽しめるビーチがあります。

シャワー室や水洗トイレがある施設がビーチの近くにあります。海水を洗い流して帰宅できます。

キャンプ場も併設してますがテント持参が必要です。

キャンプは予約制ではないのでお盆などは混雑でテントを張る場所が確保できないこともあるので、場所の確保ができなかったときの宿泊先は事前に用意しておくと安心です。

シェアする