息子との魚釣りと成長 | ぐーたら主婦のアウトドア日記

息子との魚釣りと成長

私は学生時代から魚釣りが好きで、趣味として楽しんでいました。

悠々と、釣れるまで静かに待ち続けるのも好きで、よく旅を兼ねて一人で釣りに出かけることも多かったです。

そんな学生時代の釣りでしたが、大人になってみても基本的にはそのスタイルは変わりませんでした。

しかし、結婚し、子供が生まれ、小学生ほどになってからは、一人よりも息子を連れて釣りに出かけることのほうが多くなりました。

実際は最初のころは連れて行っても、ぼーっと海や川を眺めていたり、虫を追いかけたりと釣りにはほとんど興味を示しませんでした。

しかし、、私が魚を釣り上げているのを見続けているうちに、「自分もやりたい」と釣りに興味を持つようになりました。

息子は現在中学生になりましたが、息子は息子で釣り具をそろえて、母である私と息子で、変わらず一緒に釣りに出かけながらも、それぞれが好むスタイルで釣りをしています。

私に似たのか、息子も釣りは静かに待ち続けるのが好きだそうで、現在に至るまで釣りを楽しんでいます。

その待ち続けることに慣れたおかげか、年々息子は他の子と比べて忍耐力があり、落ち着いた態度をとることが多く、きっと釣りから多くのことを学んだのだろうと思います。

最近、釣りで使うフィッシュグリップ(魚を掴む道具)を買ってあげたら喜んで使ってくれています。

このまま釣りに興味を持ち続けてくれるとうれしいですね。

シェアする