週末ファミリーフィッシング | ぐーたら主婦のアウトドア日記

週末ファミリーフィッシング

我が家では釣り好きのパパに引っ張られ、週末は必ず家族で釣りに出かけています。

主に翌日を気にしなくてもいいという理由から、土曜日に遠出をすることがほとんどです。

子どもたちが釣り一本に集中しきれない日もあるので、夏などは潮だまりのある磯釣りによく出かけています。

ルアーの釣りは子どもにはなかなか難しく、釣れないとすぐに飽きてしまうので、基本的に子どもたちにはオキアミを使って磯釣りをさせています。

ふぐでも鯖でも鯵でも、とにかく釣れたら大喜びです。

ここで注意が必要なのは子どもは釣れた魚を素手で掴もうとします。

しかし、魚の中には毒を持った危険な魚もいますので、子供たちには素手で触らせず必ずフィッシュグリップを使わせるようにしています。

ひとしきり釣りを楽しんで飽きてきた頃に撒き餌用のオキアミをスコップで撒く仕事を頼むと、大喜びでばらまいて魚をおびき寄せてくれます。

近くにカニを見つけたら、ひたすらカニに餌を与えたりしていますが、大事なのは釣りを丸ごと楽しませる環境作りなのです。

磯釣りに飽きてしまった時は潮だまりで水遊びをさせ、水鉄砲や鬼ごっこなどで気分転換をさせます。

ここで大事なのは、「釣りはつまらない」と子どもたちに感じさせないことです。

たいてい水遊びの最中に潮だまりに集まっている小魚やエビを発見し、網で捕獲することに熱中し始めるので、その隙に夫婦でルアーを使った釣りをこっそり開始しています。

もう少し子どもたちが大きくなって、「落ち着いて待つこと」が出来るようになったら、仕掛けをあれこれ数種類用意して、いろいろな方法で磯釣りを楽しみたいなと考えています。

シェアする